いいね!の寝具

布団、枕、マットレスなど高級羽毛掛布団から、子供の布団までオススメの寝具についてのブログです。

体圧分散がさらに良くなった「雲のやすらぎプレミアム」、最高の寝心地です。

雲のやすらぎ敷布団は、雲のやすらぎプレミアムにバージョンアップしました!バージョンアップした雲のやすらぎ、公式サイトはこちら

評判の高かった高反発マットレスの「雲のやすらぎ」に引き続き、寝心地の良さがさらにバージョンアップした「雲のやすらぎプレミアム」も購入してみました。

雲の安らぎを得られるというキャッチフレーズの高反発マットレス・敷布団の旧・雲のやすらぎでも十分寝心地がよかったのですが、「雲のやすらぎプレミアム」は、さらに寝心地がよくなっていました。

2016年08月にバージョンアップした本当に疲れが取れる高反発マットレス「雲のやすらぎプレミアム」を購入して体験しましたので、その詳細ご紹介いたします。

「雲のやすらぎ」と「雲のやすらぎプレミアム」の違いは?

旧・雲のやすらぎと「雲のやすらぎプレミアム」の違いは、5層階層の雲のやすらぎの真ん中の層が改良されました(実際に体験したので改良と書かせて頂きます)。

旧・雲のやすらぎは、「サイドスプレッドマット」という横へと体重を分散させるマットだったのが、「高反発スプリングマット」に変わっています。

「雲のやすらぎ」と「雲のやすらぎプレミアム」の違い

フランス産羊毛のロレーヌダウン、帝人の最新繊維マイティトップIIは、0.5cm薄くなりましたが、体圧分散を確保する凹凸アルファマットは15mm厚くなりました。

サイドスプレットマットの部分は6cmから、高反発スプリングマットの4cmと2cm薄くなりましたが、「高反発」のお陰か逆にしっかりと体を支えてくれているよですね。

凹凸アルファマットが分厚くなったのと、高反発スプリングマットのお陰でより、へたりが無くなるようになったと思います。

ネット上では、「雲のやすらぎはへたる」「雲のやすらぎはすぐへこむ」「1週間でへこみができた」などと嘘のレビューが多いですが、雲のやすらぎプレミアムは、もう2ヶ月(2016年08月に購入して10月現在)になりますが、全然へたってません。

高反発マットレスのライバル商品を売らんかなということで嘘の口コミを書いてる人がいますので騙されないようにご注意ください。

 

一番わかりやすく違いを感じるのは、前の雲のやすらぎは、布団の上を歩いても特に「音」が鳴らなかったのですが、雲のやすらぎ・プレミアムは、「ぎゅっ、ぎゅっ」という感じの音がなります。

幼稚園年少の子供が、布団の上を歩くと跳ね回る感じになりますね。

「【高反発】スプリングマット」というだけあって、かなり体圧分散ができているように思います。

「サイドスプレッドマット」を使った旧雲のやすらぎより、高反発スプリングマットを使った雲のやすらぎプレミアムの方が断然良い高反発マットレスですね。

雲のやすらぎの販売店は、公式サイト、楽天、ヤフーショッピング

雲のやすらぎプレミアムの販売店は、雲のやすらぎと同じく

です。

雲のやすらぎは、プレミアムになってもAmazon(アマゾン)では買えないようです。

実際に触れられる店舗や販売店はないの?

雲のやすらぎを販売するイッティさんは東京の会社で、札幌や福岡、大阪など地方には雲のやすらぎを置いている店舗はありませんでした。

雲のやすらぎプレミアムになっても同様で、ネット通販のみでの販売ということです。

当家では効果を経験済みなので、雲のやすらぎ・プレミアムのダブルの値段でも高いとは思わないのですが、まだ雲のやすらぎを使ったことがないと、実際に販売している店舗さんの店頭で触れて試してみたいというのはよくわかります。

残念ながら、いろいろ情報を探してみたのですが、店頭に雲のやすらぎを置いているところは無い様です。

「重さ」に躊躇して雲のやすらぎの考え直しは不要です。

他の雲の安らぎの紹介サイトでは、よく「重さがネック」と書いてありますが、シングルの場合は全然ウソですね。

約7kg(布団のタグには7kg)ほどありますが、全然軽いです。

幼稚園前の子供で体重が10kg~14kgほどありますので、普段お子さんを抱っこしてるお父さん・お母さんや、祖父母の方なら、全く問題なく持ち運べます。

ちなみに、普通のシングルの綿の敷布団なら、同じくらいの重さです。

たしかに1Fから2Fへ・・・というのは大きさもありますので大変かと思いますが、マンション等で寝室のベランダで干す程度なら全く問題ないです。

雲のやすらぎを実際買ったことない人が、数値の情報だけで悪評っぽく書かないで欲しいと思います。

よくライバル商品として比較される「モットン」のシングルサイズは7.5kgになってますので、逆に雲のやすらぎの方が軽いくらいです。

雲のやすらぎプレミアムの実際の重量や大きさは?

雲のやすらぎプレミアムの大きさと重さです。

サイズ シングル セミダブル ダブル
大きさ 100cm × 200cm 120cm × 200cm 140cm × 200cm
重さ

一部で、重い重いと揶揄(やゆ)され「女性が運ぶのは辛い」と嘘のレビューをされている雲のやすらぎですが、実際にはそんなに重いと感じることはありません。

ただ、雲のやすらぎプレミアムのダブルになると横幅もあります(140cm)ので移動は大変は大変です。

雲のやすらぎプレミアムのダブルを一人で布団の上げ下げするのは辛いですね、これは正直に書いておきます。

うちはどうしているかというと、元々子供たちがすぐお昼寝できるように部屋の中にお昼寝布団を置いていたので、今はその場所にダブルを二つ折り、その上にシングルを三つ折りに畳んで置いてあります。

幼稚園から帰ってきて、おやつを食べて眠たくなったら畳んだ雲のやすらぎの上で勝手に寝てるときもありますし、すぐに広げて親子でお昼寝できるようにしてますので、上げ下げの辛さはあまり無いです。

壁に立てかけるのがみっともない、という場合はしょうがないですが、そうでなければなんとかなるかと思います。

うちは子供が本気で喜ぶ素敵な寝心地を知ってしまって、もう手放せない状態になってますので、場所がどうこうはもう問題になっていません。

雲のやすらぎプレミアムの最安値は?

旧・雲のやすらぎもそうでしたが、雲のやすらぎプレミアムも最安値は、公式サイトかと思います。

楽天とヤフーショッピング店は、レビューを書かないと送料が無料になりませんので、その分少しだけ値段が高いです。

ちなみに、在庫限りのようですが、旧バージョンの雲のやすらぎは楽天で1万円引きで販売
されてます。

ただ、改良された雲のやすらぎプレミアムがあるのに、わざわざ旧版の雲のやすらぎを買う必要があるのか・・・とは思います。

1万円安いのですが、1年365回分で割ると1日28円なので、それならより良い寝心地が得られるプレミアムにしておいた方が良いですね。

旧版の雲のやすらぎも悪いとは言いませんが、雲のやすらぎを購入する目的が、より体を休める高反発マットレスが欲しい、さらにぐっすり眠りたい、少しでも腰痛を和らげたい、ということでしたら、改良されたプレミアムを購入することをお勧めいたします。

雲のやすらぎのシーツやカバーはどうしてる?

旧・雲のやすらぎも厚みが17cmあって普通の敷布団カバーじゃ無理かな・・・公式サイトで雲のやすらぎ専用カバーを購入しようかな?と思ったこともありました。

ですが、実際届いて試してみると掛け布団カバーだと余裕でシーツに流用できる、ということが分かったので、雲のやすらぎプレミアムでも掛け布団カバーをシーツ替わりにしてます。

ただ、ダブルサイズだとギリギリで、パンパン!という感じになりました。140cmの幅はギリギリですね。

でも市販の1,000円程度の掛け布団カバーで、雲のやすらぎプレミアムのダブルにもカバーを付けられるので、公式サイトの専用シーツの8,000円近いカバーを買わずに済んでいます。

シーツはつけた方が良いかも

雲のやすらぎは、そのまま使ってもよいですし、布団カバーじゃなく、シーツでくるんで使っても良いかもしれませんが、各大きさにあった布団カバーを使う方がいいんじゃないか?と思っています。

旧の雲のやすらぎ・シングルは、市販の掛け布団カバーを使っていましたが、掛け布団カバーは幅が140cmほどあります。

100cmの幅のシングルサイズでは大幅に余っていました。

そうなると雲のやすらぎの横に広がる力が出てしまうのか、最初17cmあった厚みが13cmくらいになってしまっていました。

へたるというよりは、横にずれる、斜めにかしむというような感じですね、長方形がひし形になるのをイメージしてもらえれば良いかと思います。

雲のやすらぎプレミアムのダブルサイズは140cmの掛け布団カバーでぎりぎりだったので、そういうことが無いように思います。

雲のやすらぎのサイズにあったシーツを使うとより長持ちすると思われます。

寝心地最高!高反発マットレス「雲のやすらぎプレミアム」

高反発マットレスをお探しの方は、ぜひ「雲のやすらぎプレミアム」をお選びください。

腰痛対策がしたい、肩こりを緩和したいなど様々な理由で、高反発マットレスをお探しかと思いますが、こんなに寝心地の良い敷布団はありません。

あなたもぜひ【雲の安らぎ】の寝心地を「雲のやすらぎプレミアム」で手に入れてください。

▲上に戻る