いいね!の寝具

布団、枕、マットレスなど高級羽毛掛布団から、子供の布団までオススメの寝具についてのブログです。

雲のやすらぎを体験。口コミの真相は?モットンよりデメリット多い?

テレビ、雑誌などマスコミで多数紹介された「雲のやすらぎ」、「腰痛に良い高反発マットレス」と評判の体圧分散の敷き布団です。

  • 「体重が増えて布団がぺっちゃんこで困っていたが、しっかり支えてくれる」
  • 「寝ていてよくシビれていたが、寝返りがスムーズで安眠できた」
  • 「高齢になり寝る力が衰えたが久しぶりに深くぐっすり寝た」

など、ネットの口コミでも人気の浮圧敷布団です。

雲のやすらぎは、体重を点ではなく、面で支えることで体圧を分散させ、体の疲労や、肩こり、腰痛でもぐっすり眠れ、「雲の上で寝るような安らぎを得られるように」と考えられています。

実際に雲のやすらぎ購入してみた実体験も交えて、雲のやすらぎの評判と真相を詳細にご報告いたします。

また、最近、雲のやすらぎは、さらに寝心地が改良された「雲のやすらぎプレミアム」にバージョンアップしています。

旧・雲のやすらぎと雲のやすらぎプレミアムの違いなどもご紹介いたします。

 

- 雲のやすらぎの詳細・口コミ紹介の目次 -

  1. 「雲のやすらぎ」とは、どんなマットレス?

    • 雲のやすらぎの価格、最安値は39,800円~
  2. 雲のやすらぎを取扱している販売店は?

    • 雲のやすらぎを安く購入するには?
    • 公式サイトにある「雲のやすらぎのクーポン」って何?
  3. 雲のやすらぎを購入してみました。(雲のやすらぎ、体験談)

    • 公式で買った理由
    • クレジットカード払いで戸惑ったこと
    • 雲のやすらぎは、どれくらいで届くの?
    • 実際の重さは、どんな感じ?
    • 匂いはどう?
    • 寝心地についての感想(初日)
    • 後悔その1。サイズは、ダブルにすればよかったかも・・・
    • 後悔その2。シーツはとりあえず専用のを一緒に買えばよかった。
    • 電気毛布と一緒に使える?
    • 当初はやっぱり置き場に困る
    • 秋冬面、春夏面の見分け方
    • 雲のやすらぎは1週間で本当にヘタるのか?噂の真相
    • 雲のやすらぎ、あったかいんだからぁ~
  4. 「雲のやすらぎ」、半年使ってみました。春夏面の使い心地は?
  5. 雲のやすらぎのデメリット?
  6. 雲のやすらぎとモットンでは、どちらが寝心地良い?

「雲のやすらぎ」とは、どんなマットレス?

雲のやすらぎは、体圧分散が抜群の高反発マットレスです。

高反発マットレスは、低反発マットレスと比べて腰への負担が軽く寝返りがしやすい、ということで、腰痛に対応しているマットレスの人気ランキングでも優秀とされている敷布団になります。

ライバル商品(特にモットン)との比較やレビューのためにデメリットが過大に喧伝されてますが、実際に使ってみると、

 「雲の上にいるような安らぎを得られる」

ことをコンセプトに作られただけあって、17cmもの厚みの敷布団の寝心地は非常に良いものでした。

また、片面が秋冬用、もう片面が春夏用となっており、秋冬面は暖かく、春夏面は涼しくなるようなつくりになっています。

まだ秋冬面しか経験してませんが、秋冬面で使われている高級羊毛のロレーヌ・ダウンウールは天然素材の最高峰と言われるだけあって、非常に暖かいですね。

冷え性の方にも喜ばれるかと思います。

雲のやすらぎの価格、最安値は39,800円~

雲のやすらぎには、シングル、セミダブル、ダブルの3種類のサイズがあり、価格と大きさは、それぞれ、

  • シングル・・・厚み17cm、幅100cm、長さ200cm、で料金は39,800円
  • セミダブル・・・厚み17cm、幅120cm 、長さ200cm、で料金は49,800円
  • ダブル・・・厚み17cm、幅140cm 、長さ200cm、で料金は59,800円

となっています。

雲のやすらぎを取扱している販売店は?

雲のやすらぎは、東京都渋谷区にある株式会社イッティという会社が製造・販売しています。

雲のやすらぎの取扱店は、

と全てネット通販になっています。

雲のやすらぎを実店舗や、取扱している店舗で実際に手触りや反発度を確認したいところですが、ネット通販に特化されているようで、店舗販売はしていないようです。

また、ネットで便利なamazon(アマゾン)での雲のやすらぎの販売は、以前はしていたようですが、現在は公式サイト以外の取扱店舗もamazon(アマゾン)には無いようです。

雲のやすらぎの楽天での取り扱い店舗は、公式以外に1店舗あるようですが、値段は公式サイトと同じでした。

「雲のやすらぎ」で検索して値段で並べ替えると、激安のマットレスを販売しているお店があります。

が、こちらは「雲のやすらぎではありません」という内容で検索結果に表示されるようで、全く違う格安マットレスなので、「雲のやすらぎ」が激安で手に入る?!と間違って購入しないように注意が必要です。

雲のやすらぎを安く購入するには?

公式サイト、楽天市場、ヤフーショッピングのいずれも同じ雲のやすらぎを製造・販売している会社ですので、どこで購入しても同じ品質の品が届きます。

少しでも安く購入したい場合は、楽天ポイントやTポイントを沢山持っていればお得に雲のやすらぎを購入できますので、楽天やYahoo!ショッピングで購入されるのがオススメです。

ただ、楽天ショップやヤフーショッピングの場合ですと、送料がレビューを書かないと無料になりません。

公式サイトですと、何もしなくても送料が無料ですので、レビューが面倒で送料全国一律630円を払いたくない場合は公式サイトから購入するのが少しでも安く購入する方法になります。

値段はどのサイトでも一緒ですし、割引も手持ちのポイントが無ければ、ほぼ同じなので、どこで買っても良いと思います。

雲のやすらぎ公式サイトでは、「オンラインチャット」という機能を使って、電話しなくともオペレーターに直接質問をすることができますので、色々と事前に確認したいことがある方は、公式サイトを利用されると良いと思います。

公式サイトにある「雲のやすらぎのクーポン」って何?

雲のやすらぎの公式サイトの注文フォームには「クーポンコード(割引コード)」を入れる欄があります。

これは今までに株式会社イッティの商品を購入した人向けのメールマガジンで配布されたクーポンのようで、現在、新規に配布することはないそうです。

雲のやすらぎは、クーポン割引を利用せずに買うしかないようです。

雲のやすらぎを購入してみました。(雲のやすらぎ、体験談)

というわけで、実際に雲のやすらぎを買ってみました。

購入したのは、雲のやすらぎ公式サイトです。

公式で買った理由

どこで購入しても同じ値段なので、公式、楽天、ヤフーからの選択になります。
(アマゾンは販売していないので最初から除外)

Tポイントは全く持っていなかったのでヤフーショッピングはまず、候補から除外。

多少ポイントがあった楽天にしようかと思いましたが、レビューを書くのが面倒と感じましたので、そのままで送料無料になる公式にした、というところです。

支払い方法は、クレジットカードにしました。

クレジットカード払いで戸惑ったこと

クレジットカード払いで戸惑ったことですが、まず注文自体を完了させ、クレジットカード情報は別ページで入力、ということです。

注文者情報と送り先等の情報送信したら、注文完了、と出たのでびっくりましたが、銀行振込の場合もあるので、クレジットカード払いの場合はそこから、決済情報を入れるんですね。

当然といえば、当然なのですが、楽天等に慣れていると、やや戸惑いました。

クレジットカード決済をする前に、もし間違えて画面を閉じても、注文承りメール内に決済URLがありますので安心です。

雲のやすらぎは、どれくらいで届くの?

今回は、日曜日に購入の注文をしました。

クレジットカード払いだったので、翌日の月曜日の17時頃には「発送しました」メールが来ていました。

また、配達日指定も可能なようです。

日曜日に注文の場合、指定可能な日時の最短は、金曜日でした。配達指定が必要な場合は、それくらいの余裕を見ておかれた方が良いと思います。

今回のオーダーでは、自分の不在が続くのですが、注文してすぐ届くという話を聞いていたので、金曜日の午前中を配達指定にしておきました。

送料はもちろん無料でしたので支払いは、39800円のみです。

発送地は宅配便の伝票からすると埼玉のようです。

また楽天では「あす楽」に対応していますので、楽天のあす楽の範囲で設定してある、

東北(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)
甲信越(新潟・長野・山梨)
関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
北陸(富山・石川・福井)
東海(愛知・岐阜・静岡・三重)
関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)

は公式で購入しても翌日には届くんじゃないでしょうか?

範囲外の北海道、中国、四国、九州でも翌々日には届くと思われます。

あなたの地域がどれくらいで届くか?は他のネット通販の日数を参考にしてみてください。

実際の重さは、どんな感じ?

今回購入したのは、雲のやすらぎのシングルです。

うちは、エレベーターのないマンションなので、2リットルのペットボトル10本入り1箱など、重い荷物が宅配便で届く際には、宅配会社の配達員の方が、事前に在宅確認で電話いれてこられます。

今回は、事前にその電話はありませんでした。

また、受け取りは40代の女性でしたが、宅配便会社の方が玄関に置く前に空中で受け取り、廊下へ置くことができました。

実際の重さは、梱包されたままで 8kg でした。
(布団自体は7.5kgというお話なので、梱包資材が0.5kgあるんだと思います。)

到着時の全体像
雲のやすらぎの到着時の包装
[クリックで拡大します。]
梱包の高さ
雲のやすらぎの到着時の包装の高さ
[クリックで拡大します。]

 

重さが8kgの敷き布団だと、両手で持つと片手に4kgずつの重さ、ということになります。

2chでの口コミ・噂や、ベッド用マットレス、高反発マットレスの比較サイトでは、「モットンなどに比べて、雲のやすらぎは重い!」というネガティブな口コミや評判ばかりでした。

なので、正直なところ重さについては覚悟していたのですが、これだと老年の親に贈っても問題ない重さだと感じました。

というか、化繊を使って無い綿の敷布団の場合は、大体それくらいの重さがありますし、実際、今まで使っていた敷布団の重さも量ってみましたが、同じく7kgほどありました。

なので、「雲のやすらぎは重い!重い!」とデメリットばかり前面に出してるサイトの口コミはあんまり当てにならないな・・・と思いました。

梱包したまま抱えたりしましたが、その感触だけでも良い反発を感じましたので、ちょっとテンション上がりましたね。

割と大きさがあるので夜に広げるまで縦置きにしていたところ、子供達が面白がって上に乗って遊んでいました。

雲のやすらぎを梱包のまま縦置きしてみました。
[クリックで拡大します。]

子供達は、それぞれ15kgと、20kgくらいなのですが、二人同時に乗ってもビクともしない頑丈さでした。

柔らかさに加えて、弾力としっかりとした固さ(高反発力)があるんでしょうか?実際に寝てみるのがより楽しみになりました。

梱包を解いてみると、こんな感じでした。
雲のやすらぎの梱包を解いた画像
[クリックで拡大します。]

匂いはどう?

雲のやすらぎは、「羊毛の臭いがきつい!」という批判的な評判やクチコミもありましたので、気になって嗅ぎまわって見ましたが、特に不快に感じる臭いはありませんでした。

もちろん、布団の匂いはしますがそれは普通の範囲、一般的な匂いでした。

寝心地についての感想(初日)

寝心地についての感想ですが、今までの布団がせんべい過ぎたのか、物凄くふんわりしてるなぁ・・・というところです。

雲の上の安らぎ、の命名由来通り、ふんわりです。

低反発マットレスのように体が埋まる柔らかさではなく、支えられてるふんわり感、でしょうか。

たしかに柔らかいのですが、3層目のサイドスプレッドマットの部分が非常にしっかりと体を支えてくれている感じがしました。

寝返りしやすいか?というと、まだ慣れていないのでちょっと難しい、というのが本音ですね。

大幅に敷布団の質が変わったので、寝返りのしやすさについては、もう少し様子を見てみたいと思います。

よく宣伝で謳われている「腰痛を軽減」「肩こり解消」ですが、初日なので、そこまで改善された気配はありません。

ただ、腰に関してはしっかり伸ばしつつ、柔らかく支えられているので、痛みを持っている人には良いマットレスになるんじゃないでしょうか。

当サイトの管理人は肩こりが酷いので、この辺の負担軽減になればありがたいなと思います。

1日寝て、腰痛が治ったり、肩こりが無くなったりというのはありえないので、こんなものかな?という感想です。

ただ、以前の布団に比べて寝心地かなり良くて、2日目は子供達に奪われてしまったくらいですので、「寝心地のよさ」は評判通りかと思います。

後悔その1。サイズは、ダブルにすればよかったかも・・・

後悔したことですが、寝心地が良いので、雲のやすらぎを家族で取り合いになってしまっており、毎日使えないのです(笑)

夫婦間でも取り合いになってるので、少し料金高いですがシングル二つ買うよりは安いダブルを購入した方がよかったかなぁ?というところですね。

子供達は、2016年01月現在で身長が120cm弱と100cm強なので、ダブルサイズを横向きにすると二人とも雲の安らぎで寝ることができます。

毎晩どっちが寝るか、誰が寝るか?で揉めるので、1つだと本当に面倒です。

現在のシングルサイズの雲の安らぎの効果がはっきりすれば、シングル一つとダブルを一つ買い足そうかと考えてます。

後悔その2。シーツはとりあえず専用のを一緒に買えばよかった。

雲のやすらぎにはシーツがついていません。(普通のマットレスにも付いてませんが。)
 
普通の布団やマットレスなら、手持ちの布団シーツで間に合いますが、雲の安らぎは厚みが17cmもあるので手持ちの普通のシーツだと、かなり窮屈な包みになります。

なので、専用のシーツを同時に購入しておけばよかったですね。

とりあえずは、ホテルのベッドのようなシーツを代用で使っていますが、専用シーツも試してみたいと思っております。

追記)
その後、羽毛の掛け布団の布団シーツが余っていたので使ってみたところ、17cmの厚さをものともせず、逆にちょっと余るくらいで使えました。

現在は、専用のシーツは購入せずに、ちょっと不細工ですが、掛け布団のシーツを使って利用しています。

電気毛布と一緒に使える?

公式にはどうか判りませんが、それほど温度が上がらないのであれば普通に使えると思います。

ホットカーペットの上に置いて昼寝してみましたが、一番熱いダニ退治モードで使っても特になにも変化無かったです。

当初はやっぱり置き場に困る

雲のやすらぎが到着してから、もうすぐ1週間経とうとしておりますが、やはり困るのは置き場ですね。

畳むのは思ったよりも簡単なのですが、畳んでも大きいので、前の敷布団が置いてあるままの押し入れには入りません。

ベッド用のマットレスとしての購入だったら、何の問題もないのですが敷布団として雲のやすらぎを購入しましたので置き方には、今のところ困っております。

買う前に置き場所を考えておくべきでした。

ただ、置き場所を考えておけば、雲のやすらぎのデメリットでよく言われる「かさばる」は、別にデメリットでもないと思います。

ネットでの雲のやすらぎの評判が書いてあるサイトでよく出てくる『「かさばる」がデメリット』というのはちょっと悪意のある言い方だなぁと思いました。

1週間使用しましたが、1週間後の時点では、毎日折りたたんで部屋の隅に置いています。

折りたたむのは、普通の敷布団に比べれば手間ですし、元々ついているゴムが必要ですが、それほど難しくはないです。

家族の布団を全部上げる時間が、今までより20秒ほど伸びただけ程度です。

秋冬面、春夏面の見分け方

雲のやすらぎは、両面が使える敷布団です。秋冬面と春夏面があります。

秋冬面側のしるしとして「こちらが秋冬面側です。」とタグがありますので、簡単に判別できます。

また柄でも確認できるようになっており、秋冬面は「ひし形模様」、春夏面は「幅の大きいストライプ柄」(ストライプというより直線縫いされてるだけです)になっています。

秋冬面
雲のやすらぎの到着時の包装
[クリックで拡大します。]
春夏面
雲のやすらぎの到着時の包装の高さ
[クリックで拡大します。]

雲のやすらぎは1週間で本当にヘタるのか?噂の真相

2chの高反発マットレスのスレや、雲のやすらぎやモットンの口コミサイト、レビューサイトでは、

「雲のやすらぎは1週間でヘタる!」

というような口コミがあるのですが、当家の場合は、子供達がトランポリン代わりにジャンプしたり、身長170cm、体重90kgの重鎮が利用しても明確にヘタッている、ということはありません。

確かに多少は体の形が付いてきてるかな?というのは感じますが、大げさに非難するほどではないと思います。

腰の辺りに反発を感じられないので、「ヘタる」という感想や口コミが多いのかもしれませんが・・・。

むしろ、体重90kgの主な使用者本人曰く

  • 「今まで寝返り回数が少なくてしびれるときもあったけれど、雲のやすらぎにしてからは無い」
  • 「腰痛ではないのでわからないけど、肩こり・首凝りに関しては寝ている間に多少回復してる気がする」
  • 「以前のセンベイ布団に比べたら寝心地は、まさに雲の安らぎ」

ということです。

「雲のやすらぎ」は腰痛敷布団で人気のようですが、体は軽くなるので、腰痛の方にも喜ばれる高反発マットレスじゃないでしょうか。

雲のやすらぎ、あったかいんだからぁ~

どこかの芸人さんのギャグじゃないですが、雲の安らぎの秋冬面は暖かいです。

高級羊毛の「ロレーヌ・ダウンウール」の力なんでしょうねぇ。

センベイ布団では、畳みや床からの冷気を感じて布団が冷たくなる場合があったのですが、雲のやすらぎは17cmの厚みと各素材が、下からの冷気を感じさせない造りになっていると感じます。

寝転ぶと体温ですぐに温かくなる印象ですね。(本当は違うのかもしれませんが)

真冬の1月、2月でも部屋には暖房無しで寝ていますが、それでも自分の体温で、温かくなりすぎて夜中に掛け布団を剥いで寝てしまうことも多々あります。

こんなに温かさがあるのは、意外でした。

なので、冷え性の女性や、子供・お年寄りなど体温調節の機能が未熟だったり衰えている人には良い敷布団なのではないでしょうか?

17cmの厚みを持つ雲のやすらぎのメリットの一つだと思います。

販売サイトのイッティの一番星の担当者から電話が掛かってきました。

1週間後の20時頃に、雲のやすらぎを販売しているイッティの一番星の担当者さんから、様子確認のお電話頂きました。

2万円引きとは言え、人によっては高価な買い物ですから、売り手側も本当に体に合っているのか、不具合ないかなど心配してくださるんでしょうねー・・・。

今まで通販で購入した品でそんな電話いただいたこと無かったので、びっくりです。

当家の場合は、特に問題なかったので、その旨お伝えして電話切りました。

雲のやすらぎの購入ページには、チャットでの相談もできますし、かなり進んだネットショップで、割りと安心できるお店なんじゃないかなと感じました。

「雲のやすらぎ」、半年使ってみました。春夏面の使い心地は?

雲のやすらぎは、2016年01月末に購入しましたので2016年07月で半年(6か月間)使用したことになります。

この間、子供たちとの取り合い、夫婦間での取り合いで、雲のやすらぎで寝る人間はいろいろ変わったのですが、最近は40代女性(体重・・・秘密にしたいけれど48kg前後)が主に利用しています。

半年間使いましたが、寝心地はほぼ変わらずです。

7月に入ってから急に夏らしい気候になって毎晩暑く、13cmもある分厚い高反発マットレスは熱気がこもって大変なのでは・・・と思っていました。

6月くらいから春夏面使っていますが、涼しくは無いですが暑くもないです。(汗でべっとりは、ありませんでした。)

クーラー入れて寝るようになってはいますが、入れてない日もありますから、通気性は良いんだと思います。

逆に、冷え性の気があるので適度な暖かさがあるのは、体を冷やすことなく、クーラーのさっぱりした除湿効果を満喫でき、ぐっすり眠れています。

半年経った今でも、雲のやすらぎには満足しています。

雲のやすらぎのデメリット?

雲のやすらぎのデメリットは、

  1. ネット販売だけなので、事前に実物を触れない
  2. 重さがある
  3. ベッドで寝る人以外は、毎日の出し入れが大変

というところです。

実物を試せないデメリット

「事前に実物を触れない」デメリットは、これはその通りで、値段も人によっては高価に感じる金額ですのでデメリットかと思います。

ただ、通販に特化してる分安くできる、というメリットにも繋がっているので、中々難しいですね。

このデメリットは、実際に使用している人のブログを読んだり、楽天のレビューを見てある程度緩和できると思います。

「重い」という口コミでのデメリットの真相

「雲のやすらぎは重い!」という寝具のクチコミサイトを何故かよく見かけます。

うちも購入前は、「重いんだろうけど良い寝心地を得るには仕方ない」という気持ちでした。

が、実際に持ち上げてみると「あれ?案外軽いよ?」となり、実際に今までの布団と雲のやすらぎの重さを量ってみると、なんとうちの場合は「同じ」でした。

毎朝折りたたんで持ち上げている今までの敷布団(綿)と同じなんだから、重いと思わないですよね。

高級綿布団を使っている人にとっては、重さは問題にならないと思います。

また、7kgを片手で持つなら辛いですが、両手で持つ場合は、3.5kgずつですので、スーパーで袋一杯に買い物するよりは軽いです。

「重い」と言われるのは本当にそう思ったのかなぁ?と思えるほど、雲のやすらぎのデメリットとしては感じられませんでした。

ベッドで寝る人以外は、毎日の出し入れが大変

「重さがあるので、毎日の出し入れが大変」というのは押し入れへの入れ方を工夫すれば解決するかと思います。

また、完全な寝室がある場合は、押し入れではなく壁か、窓際に立てかけておく、ということで対応できるかと思います。

ベッドで利用するのであれば、そもそも他のマットレスと手入れは同じなので、デメリットにはならないでしょう。

すぐへたるデメリットの口コミはウソ?1ヶ月経ってもへたらない

ネット上にはデメリットを強調している雲のやすらぎの口コミが何故か多いですが、1ヶ月利用してみて、クチコミで言われているようなデメリットは全く感じませんでした。

「1週間でへたる」というのは、ウソではないのかもしれませんが、うちの場合は感じられませんでした。

また「重い」という口コミがなぜか多いですが、実際持ってみると普通の布団と比べて重いと感じませんし、うちの場合は、むしろ軽いと感じます。

雲のやすらぎを重いと言ってる人は、実際に買ってない人のレビューか口コミじゃないかな?と少し疑ってしまいますね。

追記 2016.04.25)
3カ月後には、さすがにへたりました。(17cm → 13cm)

13cmになりましたが、モットンの8cmよりは分厚いので、本当にネットの口コミってウソが混じってる部分があるんだなぁ・・・と思います。

雲のやすらぎとモットンでは、どちらが寝心地良い?

雲のやすらぎとよく比較されている腰痛対策の高反発マットレスに「モットン」というマットレスがあります。

雲のやすらぎと同じく「腰痛改善」「高反発マットレス」ということを謳い、同じくネット通販のみということから比較対象となっているのかと思います。

モットンとの比較ではよく

  • 雲のやすらぎと違って折りたためる!
  • 腰痛に効いた!
  • 90日間の返品保証がついている!

ということで、雲のやすらぎに比べて優秀のように言われています。

ただ、モットンは厚みが8cmと雲のやすらぎの17cmに比べて薄すぎる印象です。

いくら高反発とはいえ、素材の殆どがウレタンなので、体重がある場合、体が沈みこんで床に付かないか心配になります。

素材がウレタンということで匂いもきついです。

数日すれば解消されるのですが、数日は酷い匂いの中で寝ることになります。4万円近くも出して、なぜそんな経験をしないといけないのか・・・ですよね。

また、単なるウレタンマットなので、腰痛への効果は雲のやすらぎ以下かと思われますが、やたらと良い口コミが多くて本当かどうか、若干疑問がわきますね。

90日間の返品保証にしても、絶対にいくつかは返品があるはずなので、その返品率分、値段が上乗せされていると思われます。

またいつでも返品可能なわけではなく

「90日間必ず試用し、返品受付は91日目以後2週間以内まで」

という条件です。

90日経ってからで、なおかつ実質14日しか返品手続き期間がなく、思わず返品・返金手続きを忘れてしまいそうな返品保証制度になっています。

単なるウレタン製ではないのかもしれませんが、モットンに使われているウレタンとは、素材としては良く流通している素材です。

モットンの厚みは、雲のやすらぎの半分以下、さらに中国製なのに、雲のやすらぎと同じという値段設定は、素材にお金をかけず、広告や宣伝費にお金掛けているのではないか?という印象を受けます。

雲のやすらぎは、秋冬用面にフランス産羊毛(ロレーヌダウン)が使用され、凹凸アルファマットが2層、サイドスプレッドマットが使用され、春夏用面には、マイティトップIIという繊維の専門会社、帝人ファイバーが開発した防ダニ、防菌防臭の中綿が使われています。

よく見かけるクチコミ記事では、こんな手の込んだ高品質な雲のやすらぎと単純なウレタンマットのモットンが比較されており、結果は、なぜかモットンが優位の結果になっています。

なぜそんな比較結果になるのか、いま一つ理解に苦しみます。

同じように高反発・腰痛対策を謳う敷布団、マットレスなら、雲のやすらぎを購入したいですね。

口コミで人気の高級マットレス「雲のやすらぎ」をお得に購入

雲のやすらぎは、良い敷布団かと思います。ベッドの方は置き場の問題がありませんので、特にオススメです。

ぜひ、お早めに雲の上の寝心地を体験してみてください。
雲のやすらぎを購入したい方は、下記から。

雲のやすらぎ公式サイトへ
[adrotate group=”1″]
▲上に戻る