いいね!の寝具ネイイグンシ

布団、枕、マットレスなど高級羽毛掛布団から、子供の布団までオススメの寝具についてのブログです。

ショップジャパンのトゥルースリーパーの以外な落とし穴

椎間板ヘルニアでぐっすり眠ることが出来ませんでした。

昔から腰痛持ちだったのですが、重いものを持つ仕事についたせいか、椎間板ヘルニアになってしまいました。

その為、腰の痛みが酷く、ぐっすり眠ることが出来ませんでした。

低反発のマットレスでは余計に痛くなりました。

すると、旦那が、低反発のマットレスを購入してくれました。

私は早速寝てみました・・・が、次の日の朝、余計に痛かったです。

旦那の方は、快適な睡眠をおくれたそうです。

それに引き換え、旦那の方は、快適な睡眠をおくれたそうです。

今まで仕事がきつく、筋肉疲労のため、腰痛に悩まされていましたが、痛くないというのです。

ちなみに、旦那は痩せ型で、筋肉質です。

しかも、首が長いためか、首から肩にかけて痛むため、枕も買いました。

快適だそうです。

痩せているか、太っているかで、寝具の選び方は変わるのではないか?

以上の経験から、私はこう考えました。

痩せているか、太っているかで、寝具の選び方は変わるのではないか。

なぜならば、低反発マットレスと、高反発マットレスでは仕組みが違うからです。

低反発マットレス

低反発マットレスは、伸縮性に優れていて、押すがままにへこんでいきます。

太っている人だと、沈みが大きく、寝返りが打てません。

同じ姿勢で一晩過ごさなければいけなくなり、したがって、低反発マットレスは、筋肉への負担の軽減をうたっているはずなのに、逆に筋肉への負担を大きくします。

また、夏は、沈みの大きいマットレスのために、汗をかきやすくなり、寝苦しくなることが予想されます。

それに対して、痩せている人だと、マットレスがほどよく沈み、姿勢の良い睡眠スタイルをとることが出来ます。

柔らかい寝心地も十分楽しめます。

高反発マットレス

高反発マットレスは、弾力があるため、押しても戻ってきます。

その為、太っている人でも、ほどよく沈み、寝返りを打つこともできます。

また、太っていて椎間板ヘルニアの人も、低反発マットレスは不向きです。

柔らかいマットレスは重い腹部が沈むことにより、腰を曲げる姿勢になり、より悪化します。

従って、腰を曲げると痛いヘルニアの人は、高反発マットレスのほうが良いでしょう。

畳みの上にじかに寝たほうが良いくらいです。

体を反ることによって、痛みが軽減されます。

逆に、腰を反ると痛む人は、腰が下がることによって、楽な姿勢がとられるので、低反発マットレスの方が効果的でしょう。

腰は冷やさないように。

掛け布団には、羽毛、羊毛、綿布団がありますが、どれが良いということはありません。

暑すぎず寒すぎず、朝目覚めた時に布団からはみ出していないことが大事です。

湿気を含むと布団は重くなり、腰に負担がかかります。

軽すぎると寝返りをうつたびに布団が動きます。

寝帰りをうっても大丈夫な布団を選ばなければいけません。

どんなにマットレスを良くしても、腰を冷やせば本末転倒です。

3年の月日が経ち、私のヘルニアもすっかり良くなりました。

そして、3年の月日が経ち、私のヘルニアもすっかり良くなりました。

旦那の方もショップジャパンのトゥルースリーパーのおかげで、毎日快適な睡眠生活を送らせて貰っています。

いいね!の寝具で検索

最近の投稿

いいね!の寝具

寝具のレビュー・口コミ

▲上に戻る