いいね!の寝具

布団、枕、マットレスなど高級羽毛掛布団から、子供の布団までオススメの寝具についてのブログです。

寝起きで「アイタタタッ」腰痛が「あー、よく寝た」になるマットレスは実は一つだけなのです。

整形外科医も納得のマットレス。すぐ届く。腰痛にサヨナラ。腰痛のことを一番考えてあるマットレスはコレ。

「腰痛対策」「ヘルニアに効く」とうたったマットレス、たくさんありますよね。

売れてるマットレスが良い、というわけではなく、レビューを見ると

  • 売れてるって聞いて買ったけど・・・
  • 腰痛でも翌日からすっきり、って・・・
  • タレントが推奨してて、寝心地はいいけど・・・

という声もあったり、どれがいいのかさっぱりわかりません。

腰やヘルニアが、もう限界!でマットレス購入をご検討されておられる場合、

「腰痛の方がマットレスを選ぶ際に気を付けたいポイント」

をまとめました。

ベッドで寝ていて腰痛い方も、ご一読ください。

腰痛の方がマットレスを購入する際に気を付けるポイント

腰痛をなんとかしたい、という思いでマットレスを購入する場合、「腰痛を悪化させない」ために気を付ける点です。

背中の一部や腰にかかる負担、体圧を分散するマットレスにする

寝ころんだ際に「背中」と「腰」だけに負担がかかるマットレスでは、腰に体重分の負担がかかってしまいます。

ですので、「体圧分散」が上手くできるマットレスを選びましょう。

腰に負担を与えないためには、姿勢を変える寝返りが大事

安眠、体のこわばり、特に腰のこわばりを避けるためには、寝返りする回数が大事です。

腰痛の方は、寝返りのしやすさが考えられたマットレスを選ぶのが肝心です。

腰痛には高反発でも硬すぎず、低反発でも柔らかすぎないマットレスを選ぶ

背骨は緩やからに「S」の字になっています。

ニュートン値が高すぎる高反発マットレスのように硬すぎると、背骨のカーブを「点で支える」形になり、「点」の部分になる腰に負担がかかります。

また、逆に柔らかすぎるテンピュールのような低反発だと腰が沈みすぎて、今度は窪みに腰が入る感じなってしまいます。

このような低反発マットレスだと、寝返り時の体をねじる形で負担が腰にかかり、腰痛を悪化させます。

 

ヘルニアや腰痛を患っておられる方は、柔らかすぎる低反発マットレス、硬すぎる高反発マットレスは避けるは必須です。

マットレス選びの際には、低反発マットレスか高反発マットレスかだけではなく、低反発と高反発のハイブリッド、体全体を支える部分は固く、腰や背中のカーブを面で支えるマットレスをお選びください。

ウレタン1枚だけで出来ているマットレスは案外ダメ

ウレタン1枚だけのマットレスは、どうしても「硬すぎる」か「柔らかすぎる」のどちらかになってしまいます。

最低でも2層以上ないと、背骨のカーブを面で柔らかく支えつつ、寝返りをスムーズにする硬さを実現できません。

特殊な素材のウレタンでも、ウレタン1層だけのマットレスは2層以上で工夫がされているマットレスには叶いません。

 
1枚物のウレタンマットレスなのに、怪しいくらいに良いレビューが沢山ある腰痛対策を宣伝しているマットレスがありますが、実際使った所、逆に

  • 体の疲れは取れない
  • むしろ腰の負担は悪化した

ことがありますので、ご注意ください。

最低2層以上あるマットレスをお勧め致します。

最も避けてほしい三つ折りのマットレス

「片付けが楽なので、三つ折りのマットレスを・・・」ということになりがちですが、腰痛の方は三つ折りのマットレスは避けてください。

理由は単純で、腰部分に折り目がくると、腰に非常に負担になります。

三つ折りマットレスは、健康な方がぐっすり眠るためのマットレスです。

腰痛の方は三つ折りできずに、腰も背中も首にも負担がかからないマットレスにしてください。

腰痛を悪化させないマットレスは、どのメーカーが良い?

マットレスについては各社が競って販売している状況です。

腰に痛みがある方が選んでほしいマットレスは、

腰痛対策が考慮されているマットレス

です。

アスリートやスポーツ選手が使ってるマットレスはどう?

オリンピック選手が使っているエアウィーブや、布団の老舗西川のAir(エアー)などのマットレスは「スポーツ選手や、アスリートが使用している」と宣伝されてます。

西川やエアウィーブなどは、

健康な人の寝心地を最高にするための工夫

はされていますが、

ヘルニアや、腰痛の人がぐっすり寝られるマットレス

というわけではありません。

イオンやニトリで売っている格安マットレスは、腰痛の人に対しては・・・

また、価格がお手頃のニトリやイオンで売られているマットレスは、

ベッドや畳、フローリングで寝られるマットレス

という位置づけですから、ヘルニア、腰痛対策には向かないマットレスです。

いろんなメーカーがいろんなことをアピールしてきますが、前述の腰痛を悪化させないためのマットレスの選び方、を参考に

腰痛の方向けのマットレス

を選んでください。

腰痛のマットレスで様々な条件を満たすは「雲のやすらぎ」だけ。

様々な腰痛対策マットレスがありますが、色々な条件を満たすのは、プレミアムになった「雲のやすらぎプレミアム」。

ニトリなど安いマットレスや、よくテレビやネットで見かける高価なマットレスでも、1枚物のウレタンマットが多い中、

  • 5層構造の高反発、低反発のハイブリッド

  • 背骨のカーブにフィットしつつ、腰への負担を分散

を実現します。

眠っている間の「背骨」と「腰の筋肉」を良い状態に保つことを考えられたマットレスは、これしかありません

 
当家でも実際に「雲のやすらぎ」「雲のやすらぎ・プレミアム」の2つのマットレスを購入しましたが快適です。

2年近く使ってますが特に不具合も感じず、快適さはそのままです。

 
また、ニトリなどの安いマットレスと違って高額ですが、ちゃんと「返金保証」があります。

さらに、日本製で、その効果と長持ちする期間を考えると、安心して購入できるマットレスです。

 
整形外科医の先生も納得の構造で、テレビや雑誌でも取り上げられた腰痛向きのマットレス。

いいね!の寝具で検索

▲上に戻る