いいね!の寝具

布団、枕、マットレスなど高級羽毛掛布団から、子供の布団までオススメの寝具についてのブログです。

オネショをしても怒らなくて済む、洗濯機で洗える布団

5歳の男の子がいます。ベビー布団を卒業し、3歳ぐらいからシングルの布団で寝ています。いま、身長は105センチ、体重は16キロです。イオンの売り場で購入した、トップバリューの敷布団と、ニトリで購入した、洗える掛け布団を使用しています。敷布団は、中芯を外せば丸洗いでき、掛け布団も丸洗いできます。どちらも、夜のオムツ外しに備え、濡れても丸洗いできることに重点を置いて購入したので、値段は3?4千円ほどの安物です。サイズは、掛け布団が横100×たて210cm、掛け布団が150×210cmのシングルサイズです。オネショシーツも被せていますが、予想外の汚し方をされる場合もあるので、大きくなって買い直す事を前提に、やすい洗える布団にしました。硬くもなく、ふんわり柔らかいので、気に入っているようです。大人と同じ布団を欲しがっても、オネショのことを考えると、あまり高いものは買いにくいかと思います。そんな時に、一時的に買うときには、お手頃に買えるよい商品だと思います。大人と同じものを買うことで、オムツを外して、一歩大人に近づいたと本人も自覚したので、オムツ外しがスムーズにいきましたし、万が一失敗しても洗濯機で洗えるので、ストレスも減り、親子ともに良かったと思います。3歳でシングルの布団にしましたが、次回は、子供部屋にベッドを設置する予定なので、マットレスにしようかと思っています。今は、洗える布団の種類が少ないので、ベストな布団ではありませんが、買い換えるときは、本人の気にいる固さのマットレスにしようかと思います。

エンジェルサポート抱き枕について感じたことと妊婦生活を振り返って

私は2014年5月に妊娠が分かり、予定日より2週間早く1月末に2586gで第一子である女の子を出産しました。
一人目の妊娠中はわからないことだらけで不安になり、つわりも妊娠6か月ごろまであり、
妊娠後期は切迫早産で自宅安静が続いたので長い妊婦生活のように感じました。
妊娠初期は仕事中に体調が悪くなったりすることも多く、立ち仕事の職場でしたが主治医に診断書を書いてもらい、
バックヤードでの事務作業を増やしてもらって休んだり、空腹になるとよだれづわりが続くのでこっそりアメやガムを口にしました。
今まで大好きだったものが体に合わず戻してしまうことも多かったので、世間の妊婦さんが言うようにフライドポテトを好んで食べました。
そして私は恥ずかしながらお腹が大きい方の妊婦だったようで妊娠8か月には「臨月ですか?」と言われることもあり、
同時に体重も増えていき、最終的には妊娠前より15キロ増えて困ってしまいました。
妊娠中期ごろからはトイレが近くなったことで夜中も何度も起きてしまい寝不足が続いたので、好きなアロマを購入し枕元に置き少しでも安眠できるようにしました。
お腹が圧迫されると辛く、マタニティ服やマタニティ専用ウエアはとても着心地が良かったたので産後も使えるように授乳服になっているものを購入しました。
エンジェルサポート抱き枕はカバーを外して洗濯出来る点にとても魅力を感じます。
私は平熱が35度代と低い方でしたが妊娠してから体温が高くなり汗っかきになったので、
汗を吸い取ってくれるニットパイル素材を洗えるのは最高です。
そしてクッションシュシュは今まで見たことがなく、
特におなかが大きくなってからシムスの体位をしながら横になるときには、頭と太もも部分に二か所にシュシュを置き調整できます。
そして妊娠中には産後のことを考える余裕もなかったですが、出産後は腰痛という産後トラブルに悩まされました。
特に頻度の高いおむつ替えや授乳では少しの間かがんでいるのも辛かったので、この抱き枕を使用しながら休息できたら回復も早いと思います。
妊娠中から使いたいですが、出産後にトラブルも続いたので出産祝い等でプレゼントされたらとても嬉しいと思います。
現在出産後一年経ちますがまだまだ腰痛も続き、毎日育児に追われる中で長く大切に使えたらと思います。

いいね!の寝具で検索

最近の投稿

いいね!の寝具

寝具のレビュー・口コミ

▲上に戻る