いいね!の寝具

布団、枕、マットレスなど高級羽毛掛布団から、子供の布団までオススメの寝具についてのブログです。

腰痛を悪化させないために気をつけて寝具を選ぶ際の基準について

私は、現在30歳になる主婦です。

妊娠時にぎっくり腰になり、その後腰痛を感じるようになりました。

これまでは腰痛に対する悩みを抱えたことすらなかったのですが28歳の時に妊娠し、お腹も大きくなってきた妊娠7ヶ月目のときに靴下を履こうと無理やり体をかがめた際に軽いぎっくり腰を患ってしまいました。

以来、出産した後も冬場など気温が下がる季節になると椅子に座っているだけでも腰痛を感じるようになってしまいました。

もともと結婚する前まではバレーダンサーの卵としてトレーニングを受けていたことがあったので、体の柔軟性には自信があったのですが妊娠したことで体重が一時的に増幅したことで現役時代のような感覚で動き回ってしまったことと、引退してもまだ全盛期のような柔軟性を維持していると勘違いしていたことが合間って腰痛とのお付き合いが始まりました。

腰痛で睡眠中に目を覚ましてしまいます。

現在では、睡眠中に突然腰の痛みで目を覚ましてしまうことがあるなど、リラックスして睡眠をとることができない日もあるなど腰痛がきっかけでストレスを感じることも多々ありました。

寝具選びを重要視するようになっていきました。

だからこそ、腰痛を緩和するためにも寝具を選びを重要視するようになっていきました。

初めに寝具で買い換えたものは枕でした。

きっかけはスポーツ選手が遠征先などに自分のお気に入りのまくらを持っていくという特集を見て、まくら1つで調子に影響するとまで口にしていたのが印象に残っており、早速インターネットでまくらについて調べて見たところマイまくらという商品を見つけました。

自分の首の高さにあったまくらを使用することで、気道が確保されて睡眠中にもしっかりと呼吸できることでリラックスにつながるほか、頭がしっかりと固定されることで姿勢が安定し腰にかかる負担が軽減することにも繋がると知りました。

早速お店に伺い自分に最適なまくらの高さを測定してもらい、3万円を支払ってマイまくらを購入しました。

次に、自分にあったマットレスを選びました。

続いてもっと完璧な睡眠環境にしたいと思い、マイまくらの店員さんに話を伺っているとマットレスも自分にあったものを選ばない腰痛に繋がります。

と教えてもらい、これまでホテルようなクッションの効いた柔らかいものを選んでいましたが、改めて自分にあったマットレス選びにも着手するようにしました。

低反発マットレスが良かったです。

私は、身長が155cmで体重38kgなのですがこの場合は低反発マットレスが良いと知りました。

体重が軽いということで低反発のマットレスを使うとしっかりと腰を支えてくれるので、重心が腰だけでなく全身に均等に力が分散するということを知り、低反発のマットレスに買い換えるようにしました。

自分の体に合わせてオーダーメイドで作成してくれる「じぶんマットレス」を購入しました。

購入したマットレスは、じぶんマットレスと呼ばれるもので、価格は20万円もしましたが自分の体に合っているものを使うことと腰痛改善に効果があると思うとコスパの良い商品に思えました。

今回購入したじぶんマットレスは、自分の体に合わせてオーダーメイドで作成してくれるマットレスになるので、大衆向けのものと違って身長、体重など自分の体に適したものを13000種類の中から組み合わせて作り上げてくれるということでどこにも販売されていない唯一無二の寝具となり愛着もわきました。

とても快適な睡眠環境を手にすることができるようになりました。

実際の使用感も、寝転がると体が包み込まれるような感覚になり、寝返りを打ったとしてもどの体勢になってもリラックスした状態になるのでとても快適な睡眠環境を手にすることができるようになりました。

寝具以外に、半身浴でも腰痛対策をしています。

最後に、私が腰痛をケアするようになってから寝具との購入に励みましたが、そのほかにも腰痛対策として取り入れていることは必ず浴槽に入って半身浴を行うということです。

腰をとにかく冷やさないことを意識するため代謝アップにつながると言われている半身浴を取り入れています。

他にも、普段の生活に注意しています。

ほかにも過剰にセルフマッサージをしないようにしていますし、腰は不用意に捻らないように気をつけて生活を送るようにしています。

腰痛が発生すると動くのも辛い時があるので、あのような思いをしないためにも今は腰痛改善を最優先にした生活を楽しく送っています。

いいね!の寝具で検索

最近の投稿

いいね!の寝具

寝具のレビュー・口コミ

寝具のあれこれ

▲上に戻る